読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

「何が悪いの?」は言葉のお守り

所感

わたしは以前一度だけ、メンタルクリニックにお世話になったことがあります。

自分にパーソナリティ障害の疑いがあると思い、プロの診断が欲しかったからです。

その時、担当の先生にいただいたのが、タイトルにある「何が悪いの?」という言葉でした。

この言葉があると、納得いかない状況もしれっと機嫌よく過ごせるんです。

侮れない、言葉のお守りです。

 

メンタルクリニックに行ってみて

病院の名前はなんとなく伏せます。

大阪梅田の一等地にある新しめのクリニックです。

第一印象はおしゃれな美容院。受付嬢がナース服なだけw

 

リスカの人がいないかとビクビクしてましたけど

落ち着いたビジネスマンが数人いるくらいで全然怖くなかったです。

うつ病の人が仕事帰りに寄りやすい雰囲気にしてるのかな、と思いました。

 

わたしは健常者だった

当の先生がイケメンでした( ̄▽ ̄)

初対面のイケメンとか、緊張しそうなものですが

そこはさすがにプロでこちらの話をぐいぐい引き出してくれます。

 

お見合いで付き合った人にプロポーズされて逃げ出しましたー

前の彼氏からも結婚を匂わされて逃げ出しましたー

子供の頃から他人に興味が持てませんー

 

↑こんな失礼な人間、ちょっとおかしいと思います(-"-)

ネットや本で調べるとスキゾイド・パーソナリティー障害が近いようなので先生に聞いてみました。 

まず、社会生活に支障がなければ障害と診断することはないそうです。

わたしは普通に仕事に行けているので、その時点でセーフ。

 

スキゾイド・パーソナリティー障害は他人と親密な関係を持つことを望まない点を特徴としますが

本人が気にすることはなく、あまりの無頓着さに周囲が受診を勧めるパターンが多いそうです。

わたしの場合、自分の失礼さが嫌になって自分から受診したので

間接的ではあっても周囲へ興味が持てている正常な精神状態ということでした。

 

先生によると、精神的にバランスの取れている人はそう存在せず

誰でも多少はメンタルに問題を抱えているそうです。

わたしも対人関係に極端な反応があるものの十分個性の範疇で

孤高の人がいてもいいじゃないですか。何が悪いの?って感じです」

こう言っていただけました。

 

この言葉が欲しかった

子供の頃から周囲とものの捉え方がかなりズレているタイプでした。

問題があれば、どちらかと言うと自分が悪いんだろうなと考えてしまいます。

でも心の中では当然、釈然としないものがありました。

人に興味を持て?じゃあお前らがおもろいこと言えやー!とかw

何が悪いの?」と人に言われて初めて

「あ、わたし別に悪くないやん?」って思えたんです。

 

「素直じゃないと彼氏できないよ」

→あなたと趣味が違うだけで、自分には素直です。何が悪いの?

「またお菓子食べてるー」

→美味しいものは早く食べないと。何が悪いの?

「顔丸なってきたでw」

→な、何が悪いの( ノД`)

 

こんな風に思えるようになったので、気分が沈むことはほとんどなくなりました。

先生には感謝です。30分の面談だけですごく楽になりました。

精神科医なんてうつ病患者薬漬けにしてるだけと思っていてごめんなさいm(__)m

 

なんでも自分の責任と捉えてしまう人って意外と多いです。

他人のせいする人が目立つのは、逆のタイプが多数派だから。

だからこの「何が悪いの?」という言葉はほとんどの人に必要なんです。

明らかに非がなければいいじゃないですか、自分が正しくて。

 

口に出すと角が立つので、あくまでも心の中で。

金運のお守りを財布に隠し持つのと一緒ですw


(c) .foto project