読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

一元化と言えば横着も許される気がする

工夫

f:id:anjo0705:20151105003045j:plain

とにかく楽したい。
日常生活で重要なことなんてほとんどありません。一般人だもの。
出来ることなら、ちまちましたルーチンワークはオートでやってしまいたい!
 
常にそんなことを考えている横着者です。
最近では楽するための工夫を趣味と言い張っています( ̄▽ ̄)
そのため、いつも心がけていることは「いかにまとめてやるか」です。
 
わたしのお婆ちゃんのお婆ちゃんの口癖は「手ぶらで歩かない!」だったそうです。
立ったついでに、散らかったものは元に戻せとか、次の作業を考えて動けってことらしい。
昔の人は立派ですね。
今だってちゃんとした人は同じようにしてるでしょう。
 
この言葉を聞いてから、「ついで」や「ながら」の作業を意識して動くようにしています。
…思い出した時だけでも。
 
残念ながら「ついで」も「ながら」もいいイメージのある言葉ではありません。
でも「一元化」と言えば格好つく気がしたんですよ~(*´∇`*)
 
この言葉、知り合いの酒豪に教えられました。
毎日ビールと焼酎を飲んでいると酒代が馬鹿にならないので、焼酎に「一元化」したそうです。
我慢する気分にならないため「一元化」と言ってるんですね。
前向きな言葉だと思って見習ってます。
 
ちなみに、わたしのイチオシの一元化は
 
「お風呂+ニュースチェック+歯みがき」
 
スマホがあるから出来る技です。
ニュースは手を使わずにチェックできるよう、ポッドキャストを利用。 この番組だと30分くらいなので、湯船に浸かる時間としてもちょうどいいんです。
歯みがきは最初の10分で終えて、あとはゆっくり目を瞑ってます。
ニュースの内容によってはリラックス出来ないのがたまにきずですけど(。>д<)
ぼんやりお湯に浸かってるより有意義かなって思えます。
 
まとめて支障をきたさない作業は一元化だ~、という一つの例としてご紹介しました!