読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

自分でお茶をいれると褒められやすい

工夫

f:id:anjo0705:20151105234423j:plain

 
わたしは自他ともに認める食いしん坊です。
飲み物も大好きなので、会社にも何種類かドリンクを常備して好き放題飲んでます。
ちょっとのスキを見つけては給湯室に入り浸るのですが、お茶をいれているとなぜか褒められやすいことに気づきました。
褒めてくれるのは大体おっちゃんです。「ちゃんとしてるな~感心感心」みたいな感じ。
 
そういえば、会社で30代以下の人が自分でお茶をいれているのを見たことがありません。
基本ペットボトルです。
これって自分でご飯を用意する年になった頃には、コンビニが普及してた世代ですね。
 
「ペットボトルのお茶なんて誰が買うの?」と言われていた時代をうっすら覚えていますが、今は買うのが主流なのかと改めて実感しました。
 
対してわたしより年上、バブル世代以上は自分でいれる率高めです。
社内で評判のガサツなおっちゃんですら、お茶やコーヒーは自分でいれます。
子供の頃からの習慣なんでしょう。
カップは洗わないけど!
 
この世代から見ると、ペットボトルネイティブのはずの35歳がお茶をいれているのはしっかりして見えるんですね、きっと。
休憩大好きなことに気づかれなくて助かります(;´∀`)
 
ちなみにハーブティーをいれると「女子力アピうぜぇ」という生暖かい反応をいただけます。
 
「意外とちゃんとしてる」「やっぱりちゃんとしてる」
どのように思われても、悪い印象ではありません。
節約になるし。
美味しいし。
自分でお茶をいれて、損するのって時間くらいのもんですね。
会社での好感度アップ作戦としては効率がいいと思いました!
 
今使ってるタンブラーです。
飲み口が茶こしになっていて、急須代わりになるので便利。
しかもキャップはパッキン付きで持ち運び可能です。
カフェやコンビニのドリンクを入れてもらうと、割引も効かせられます。
パーツが4つで洗いやすいし、スキがない商品ですよ~。
使いすぎてキャップ割りました;;