読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

書くだけでトラウマが消えるなんて。ブログ、SNS、日記を使い分けて気づいたこと

所感
昨日、自分の冤罪体験について記事を書きました。
 
書き終わって気づきました。
その時のイヤだった気持ちとかトラウマとかがスッキリ消えています。
書きだすことにカタルシス効果があるという話は聞いたことがありますが
ネットにあげて反応をいただけるとさらに効果があがるんですね。
 
トラウマはきっかけがあって顔を出すものですから、またどなたかの記事を見て触発されることもあるかもしれないです。
その時は遠慮なくトラウマブレイクを狙っていくつもりです( ̄▽ ̄)
 

ブログについて思うこと

 
わたしがブログを始めたきっかけは「なんかモヤモヤするからアウトプットしてみたらどうだろう」と思ったからです。
無自覚ながら、先にその効果には気づいていたようです。
FC2にいた時はダラダラとした日記をあげることばかりでしたが、それが日々のストレス解消になってたんですよね。
 
でもそれが人目につくということに気づいてしまって。
自分のストレス解消に他人様を付き合わせるのってどーなの?と思い始めました。
文才ある人や独創的な見方をする人の日記は、日常の忘備録でも十分おもしろいんですけどね。
わたしはセンスあふれるタイプではないので、読まれた方に損をさせない記事を書きたいと思っています。
思うのは自由です。
 

SNSはちょっとだけ

 
はてなに越してきてからは、なんとか記事らしい記事を書けていると思います。多分。
相変わらず日常にはモヤモヤがあるので、やっぱり日記的に吐き出す場所も欲しいと考えた結果ツイッターを使うことにしました。
初期の頃に開設したアカウントはどっかにやっちゃったので、取り直して再開。
 
リアルタイムで書き出せるって快適でした。
記事として完結させる必要もなし。なんて手軽なんだー。
以前は知り合いとちょっと交流の真似ごとをする程度だったので、初めてツイッターの楽しさを知った気分でした。
 
他人様の個人情報上げかけるまでは。
手軽さが災いして、個人が特定されそうな情報も自分の忘備録用に上げそうになったことが数回ありました。
なんとかツイートボタンを押す前に留まりましたが、これは危険すぎる。
自分の身バレは自業自得ですが、他人様に迷惑をかけるわけにはいきません。
わたしのようなそそっかしいタイプは、ネット上での交流目的に使ったほうが安全そうです。
 

アプリ「瞬間日記」に手を出す

 
ブログもSNSも「人の目に触れる」という点で、本来の日記のあり方とは異なります。
本当にちっぽけなモヤモヤを吐き出すなら、やっぱり非公開が確実と思い知りました。
 
字が汚いので紙の日記は除外して。
いろいろアプリを試した結果、有名どころの「瞬間日記」にたどり着きました。
 
瞬間日記 (Moment Diary)  - 無料
瞬間日記 (Moment Diary) - 無料
開発元:Utagoe Inc.
無料
posted with アプリーチ
使用感はボッチでツイッターやる感じ( *´艸`)
 
ここでなら名指しで悪口書いても何の問題もなし。
食べ過ぎの記録をあげても呆れられない。
むしろ書かなくても大丈夫(本末転倒)
 

3つのサービスを使い分けてみて

 
ブログ→けっこう頑張る
ツイッター→おもしろいことあれば共有&交流
日記→いらんこと書く
 
こんな使い分けです。
ブログ以外はノルマを課していないので、落ち着いて使い分けられていると思います。
以前は毎日何かを書き残すとか全く考えられなかったんですが、人間変われば変わるものですね。
 
3つのサービスを使い分けてみて思うことは、サービスの形態によって書きたくなる内容が違うということです。
サービスが向いた言葉を引きずり出してくれるというか。
書かなければ気づけなかった自分を発見する感じで楽しいです。
フェイスブックやインスタグラムを使えば、また別の自分が顔を出すのでしょうか??
動画とか始めたら人格変わりそう(*‘∀‘)
 
書くことを含めアウトプットは、旅に出ない自分探しと思うようになりました。