読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

大阪のおばちゃん「なんぼや思う?」への対抗策

所感

f:id:anjo0705:20151119235131j:plain

答えに詰まる質問ってありますよね。
代表は歳を聞かれて「いくつに見える?」というアレ。
ホント止めてほしいです。
若めに言えばいいだけですが、この返しをする人に限って年齢が読みにくかったりします。

女性に歳を聞いてはいけないと言われるのは
こういう面倒くさいやり取りを避ける意味合いが強いんじゃないかと思ってます。

大阪のおばちゃんにはさらに「なんぼや思う?」という最強攻撃呪文がありまして。
おばちゃんの持ち物を褒めた時、オートで発動します。
この呪文を喰らってしまったが最後、値段を10円単位で当てるまで攻撃が終わりません。

「んー、五千円くらい?」
「ぶぶーっ、そんな高いのん買わへん」
「じゃあ500円」
「そこまで安くないわーw」
「…1000円?」
「もーちょっと下!」
「900円(´Д`)」
「惜しいな~、880円!」

実話です。
海外の露店で値段交渉するのってこんな感じ?
しかしこの場合、何のメリットもないのでやる気は起きません。
外す度にHPが削られる気分です。

関西では高いものを買うより、よいものを安く買うことがステータスとされています。
経済力より目利きのセンスが高く評価されるんですね。
「お、値段以上」と思われたい。実際には値段相応でも、です。

なので対応としては、まず高めに答えてから徐々に正解に近づけてあげてください。
一発で当てず、数回に分けるのが無難です。
おばちゃんはやり取りを楽しんでるのです!

例文では極端に低い価格を言っていますが
「いつも安くていいもん見つけてくるから、もしかしたらこれくらい?」という、お買い物センスを褒める上級テクです。
余裕があれば使ってみましょう。

極力うざそうな顔はしないでくださいね。
本気で機嫌を悪くします。
問答を拒否するのも同じです。

本当の対策は「持ち物を褒めない」ということです!
本町の問屋さんで買ってきたコテコテのカットソーなんて興味ないでしょう?
軽い気持ちで褒めると大怪我してしまいますよ。

強者はこちらが口を開く前に「なんぼや思う?」してきますけどね((((;゚Д゚)))))))
そうなったらもう、犬に噛まれたとでも思って諦めるしかありません。
せめてチャウチャウを想像して心を慰めましょう。

http://www.flickr.com/photos/34128007@N04/8573315697

photo by Prayitno / Thank you for (8 millions +) views

「なんぼや思う?」タイプのおばちゃんに悪気はありません。
むしろ無邪気で可愛い人たちです。
広い心で楽しませてあげる余裕を持ちたいものですね。


 
この記事はFC2で書いていたブログ記事の再録です。
ちょっとリアルがばたばたしてたので、楽しちゃいました。
ブログは資産ってホントですね。
これは切り売りですけど(-"-)
いつかは運用したい!