読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

お菓子をもらう極意を考察してみる

工夫

f:id:anjo0705:20151123234058j:plain

わたしは小さい頃から、やたらとお菓子をもらう特技があります。
小学生の時点で身長が160㎝越えと大柄だったため、多めに貰えることはざらにありました 。
近所のおじいちゃんおばあちゃんはお菓子くれる人という認識。
拉致されなくてよかったー。

 

メイドの仕事をしていた時は、お土産を持たされるだけでなく、お茶をごちそうになることも 少なくありませんでした。
今の職場でも、誰かのお土産が半端に余ったら、なぜかわたしの所にまわってきます。
関西だけの風習かと思いきや、旅先で知り合う人にもたいがいお菓子をもらってます。

 

忘れられないのは、小学生の頃、塾帰りの電車でOLのお姉さんから酢昆布もらったことですね。
隣り合わせただけなのに意味わからん。と思いながら美味しくいただきました。

 

正直、自分用にお菓子を買う必要はないくらいもらってます(買うけど)
これって何か理由があるはずなんです。
好意だけでもらえるなら、コミュ力の高い他の人がもっともらえてないとおかしい。

この謎を解ければ、お菓子を食べてご機嫌になる人が増えるんじゃないかと考えました。
というのも、以前お菓子を紹介した記事にこんなブコメをいただいたんです。

食べ過ぎの罪悪感をわずかに軽減する「機能性おやつ」3選 - 問題だけど、問題ないブログ

間食は心の栄養補給ですよね♪

2015/11/17 19:59

凡人さん、正しい。
人間もっと間食で心に栄養補給するべきです!
それに人からもらったお菓子って、自分で買ったものより美味しく感じませんか??


考察その1 可哀想に見える

いきなりネガティブな仮説です。

体の大きい子があんまり食べてないと不安になりますよね。
栄養足りてないんじゃないかって。
子供の頃、わたしにお菓子を勧めてくれた人はきっとそんな感じ。
「そんなちょっとでいいん?」って何度も聞かれました。

 

明らかに底辺職のメイド時代は「お手伝いさんにも親切にするアテクシ(キラキラ)」オーラを感じ たことがしばしば。
もちろんそんな方ばかりじゃないですけど、少なくもなかったです。
我ながら嫌な解釈です(-"-)

 

可哀想な人に優しくしたいという気持ちは自然の情ですよね。
誰だって徳を積みたいのです。

 

こちらはお菓子もらえる。相手は喜捨できる。
Win-Winの関係だったのかもしれません。


考察その2 自分もお菓子配ってる

大阪のおばちゃんは常に飴を持ち歩いて、人に配っているのは有名ですね。
都市伝説じゃないですよ。事実です。
フリスク持ってる人もいます。

 

そんな文化で育っているので、わたしもばら撒き用のお菓子を持っていることが多いです。
お菓子を選ぶ基準は個別包装で配りやすいかどうか。
自分が食べるついでに勧めたりします。
これが効いているんじゃないかと。

 

人は他人から何かをもらった時「お返し」をしなければならないという感情を持ちます。
心理学では「返報性の法則」というそうです。

 

要はギブアンドテイクですね。
こちらが配るのはお徳用アソートパックですけど( *´艸`)


考察その3 全力でお菓子好きをアピールしている

きっとこれにつきます。

 

好きな食べ物を聞かれれば、迷わず「甘いもの、特にアンコ!」と答えます。
人が何かを食べている気配を察知すれば、苦手な相手でも躊躇なく絡みにいきます。
いえ、決してせびりに行くわけじゃないんですよ。
どんなお菓子があるのか気になるんです。ホントです。
そして、もらったお菓子は腹具合に関係なく、即完食します。

 

どこからどう見てもお菓子好き。
日ごろからこのようなキャラ作りをしておくことで、お菓子をもらえる頻度は確実に増えていると考えられます。

 

(あと体型)


まとめ

誰でも使えるのは、考察その2のギブアンドテイクですね。
大阪のおばちゃん式です。
人間心理を利用しているので、高確率でお返しが期待できます。
お返しをもらった段階でお菓子好きアピールをしておけば、今後への仕込みもばっちりです。

 

選ぶ余地があるのなら、高カロリーなほうにしときましょう。
(失)笑いがとれる上に、お菓子好きの印象が強まりますよ。
周囲に無駄なカロリーを取らせない配慮ある姿勢もアピールできます。

 

お菓子は余力で買っているものなので、気兼ねなくもらってしまって大丈夫。
来るお菓子拒まず、ですよ!