読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

はてなでブログを開設して一か月。一番楽しいのは…

ご報告

はてなブログに越してきてから、ちょうど一か月になります。

まだ一か月なんですね。

正直めっちゃ長かった。

 

仕事ではいつも通り一か月を一瞬に感じているのに、ブログを振り返ってみるとまだ一か月。

今まで経験したことのない時間感覚です。

 

少し前にこちらのエントリーを拝読しました。

makoto-endo.hatenablog.com

 

 気になったのがこの説↓

②経験による処理速度向上説 ⇒新鮮な経験が少ないと、時間の感覚は短く感じるという説

時間感覚学-時間感覚加速症に備えて- - ―Share The World― -知の海へ-

 

この説から考えると、一か月の時間の流れが遅く感じたのは「新鮮な経験が多かったから」。

まさにその通りです。

 

ブログを書いて毎日反応がいただけるのは初めて。

積極的に他の方のブログを読みまくるのも初めて。

ホッテントリ入りでいきなりPVがあがる、驚くような経験もさせていただけました。

ツイッターで有名ブロガーさんに絡めるとか、ほんとありえん(*´ω`*)

 

これだけいろいろ詰め込んだら、時間が立つのが早く感じてもよさそうなものですが

実際は上の学説のように長~くなりました。

時間って体感でしかないんですね。

 

他にもこんな言葉を思い出しました。

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。
まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。
ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、
一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。

              ───アルベルト・アインシュタイン

 

この名言からすると、わたしが苦しんでたみたいになってしまいますね。

それも間違いではなくて。

何を書こうか迷ったり、いざ書き始めてもまとまらなかったり。

ずいぶん歯ごたえのある一か月間だったんです。

 

二つの説の合わせ技で、より時間が長く感じたんだろうなと思いました。

 

記事を書いたり、読んだりするのは楽しいです。

はてな独自のレスポンスの機能もわからないなりに楽しんでました。

 

中でも一番楽しいのは

「読者登録数の少ないブログを購読した時」

です!

 

へそ曲がりですか??

読者登録ボタンを押す時って、「わー、この人おもしろいな!」という気持ちです。

その上で「このブログには[一ケタ]人の読者がいます」みたいなメッセージが出てきた時には!

「わしが見出した(`・ω・´)キリッ」って有頂天になりますとも。

 

実は読者数がまだ0のブログに登録させてもらったこともあるんです。

このブログを登録してくださった通知がきたので訪問したら、まだ記事を投稿されていないことがありました。

 一瞬悩んで、ぽちっとしました。

だって、ブログ開設されてればいずれ投稿があると思って。

プレッシャーかけてしまったかもしれないですね。すみませんm(__)m

 

同じように、初めてスターやブクマをつけるのもテンションあがります。

もしかして、わたし処女厨の気があるとか??

…それはさすがにゲスすぎて嫌ですね。

バージンキラーで行こう。ブログバージンキラー。

 

f:id:anjo0705:20151129003515j:plain

一か月記念の記事に何書いてるんだかって感じですけども。

これだけ楽しませてくださるはてなの皆様に感謝の意をお伝えしたかったのは確かです。

 

皆様のおかげで、子供の頃のように長い一か月を過ごすことができました。

本当にありがとうございます!

次の一か月もまた、新鮮な経験を積み重ねていこうと思います。

どうぞこれからもお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたしますm(__)m