読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

子供のころの夢は自然と叶ってるのかもしれない

所感

先日、人生の目的が達成されてしまいました\(^o^)/

子供の頃の夢が叶ったのです。

嬉しいというより「自分の夢ってこれだったのか」のような淡々とした気分です。

 

わたしは家庭の方針で常にわきまえるよう育てられました。

恥ずかしい真似はしないように。他人様に迷惑をかけないように。

それで助かっていることもたくさんあるので感謝しないではないのですが

子供らしい素直さはかなり抑圧されていました。

幼稚園の頃から「人に認められやすい」=「無難」に見せようと意識的に注意を払ってましたから。

今みたいに悟った子供はおらず、鼻を垂らしたやんちゃさんばかりの時代にです。

 

将来の夢には心にもないお花屋さん、ケーキ屋さんをあげてました。

本音を言うと「そんなんなりたいの?!」って言われるのわかってたので。

それでいて変わった子扱いなのでストレス半端なかったです(-"-)

 

特になりたいものがあったわけじゃないんですよ。今とおなじ。

ただ将来の夢を聞かれた時に、ぼんやりと映像のようなものが浮かぶ感じはありました。

 

秋の街、トレンチコートを着てカフェで道行く人を眺める長身の女性。

 

昭和の幼稚園児がパリジェンヌ気取りとか(;´∀`)

どこで影響を受けたのか全く覚えていないのですが「将来の夢」が「進路」に変わるまで、理想の自分として頭から離れなかった映像です。

 

それでこの前、カフェで読書してる時ふと気づいたんです。

 

あ、昔思ってたのと一緒だ。

 

トレンチコートだし、身長高いし。

時々は店の外を眺めて目を休めたりもしてました。

 

子供のころの夢、叶っちゃってますね。

あっけなかった。

 

幼稚園と言えば、多様な価値観の影響はまだ受けていない時代。

その頃の夢だから、もって生まれた自分の特性とも合致して、無理なく叶うんじゃないかと思います。

 

一流の人、例えばイチローが子供の頃からものすごく緻密な人生設計をしていたのはよく知られています。

天才はさすがに違うんだねーと思っていましたが、逆に子供の頃の夢だから自然にその道を突き進めたのかも??

才能と努力が常人じゃないということは置いとくとして。

 

わたしにとって「一人で」「ゆっくりと」「本を読む」は子供の頃から今までずっと好きなことでした。

叶うのは自然の流れですね。

 

一説によると、子供の頃の夢の職業につける確率は10%以下だそうです。

でも、そもそも夢で「職業」をあげさせるのって窮屈すぎません?

もっと好き放題思い描いた夢が叶ってる人なら、けっこういそうな気がしますよ。

「働きたくないでござる!」→ニートとか。

最近のニートは上手に金策してるので、憧れの職業です( ̄▽ ̄)

 

わたしは職業や実績じゃなく、夢のほんのワンシーンが実現できただけでも意外と満足でした。

夢は叶うんだなと思えるのって大事です。

 

あぁ、どうしよう。もう余生か( ;∀;)

仕事でバリバリ活躍してるとか、子供がっつり育ててるとか、息の長いビジョンを見ておくんだった…!

 

しかたないので、子供の頃の好みのまま一人でのんびりやっていきます。

やりたいこともないけど、やりたくないこともあんまりないのです。

f:id:anjo0705:20151129222448j:plain

皆様の夢も、もしかしたらすでに叶ってるかもしれませんね( *´艸`)