読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

女子力高い食べ物が好きになりたい

いらんこと
 

f:id:anjo0705:20151209004039j:plain

最近、会社に22歳の女の子が入ってきました。
かわいい。
見た目もかわいいけど、声とか仕草までかわいい。
「ぐうかわ」ってこーゆーのを言うんだなと思います。
年齢が一周りも違うので嫉妬心すらわきません。
 
自分が22歳のころ、あんなにかわいかったかというと…思い出したくないです。
若さだけでかわいくいられるわけではないのですね。
 
一番かわいいのはご飯を食べる時。
「料理全然できないんです(´・ω・`)」と言って、お母さんのお手製弁当を持ってきているのですが、常に苺が入ってます。
それにスジャータ的なものをかけて食べてるんですよΣ(゚Д゚)
 
なんて丁寧な食べ方や。
どう見ても大切にされてるオーラ全開です。
女子力というとバカっぽい意味で使われがちですが、彼女のような本物こそ高女子力と称えられるべきですね。
 
わたしは苺にミルクやら練乳やらをかけるかと聞かれたら「そのままがいいです」で通してきました。
だって、苺を味わうのに邪魔やし。
間違ってるとは思ってません。
 
でも「○○かける?」と聞いてくれるのって、相手の方の気づかいなんですよね。
ごちそうになる時くらい、好意を素直に受け取っておけばよかった。
その辺りで「かわいげ」=「本物の女子力」に差がつくんだなと。
 
見習えるもんなら見習いたいのですけど。
女子力の高い食べ物が軒並み苦手なものでちょっと難しい(-"-)
 
女子の好きな食べ物の代表格アボガド様に「森のバター?より牛のバターがええわ~」と豪語します。他にも
 
アサイーベリー
 →味がうすらぼんやりしたアンコっぽい何か
パンケーキ
 →本体よりトッピング食べてるよね?パンケーキ意味ある?
ふわとろ系全般
 →お腹にたまらんな!
 
自分の味覚に正直すぎて、空気を読んだ発言ができません。
そのくせ人一倍食べるという。
かわいげなんて夢のまた夢ですね( ;∀;)
 
もう一つ、高女子力フードが苦手で困ることがあります。
それは食卓が茶色くなってしまうこと。
茶色いものはなんでも美味しいですが、写真をとっても公開する気になれません。
 
ブログに食べ物ネタを書きづらいのです!
食いしん坊アピール激しいくせに、食べ物ネタが少ないのはそれが理由ですorz
 
最近はいろんなブロガーさんのきれいな料理写真を目でいただいて満足できますけど、やっぱり自分でもパプリカとかベビーリーフとか使ってみたいです。
カラフルな食卓はフィトケミカルが摂取できてアンチエイジング効果があるんですよ確か。
 
高女子力フードを好きになれば、かわいげもブログネタもアンチエイジングも手に入るなんて!
がんばらない理由はありませんね。
 
まずは焼き芋だけでも恥じらって食べるところから始めます.。
どうせ昭和の女です。