読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

大掃除の強い味方「セスキ炭酸ソーダ」について語ります

おススメ ご報告
先週このような記事を書きました。
いただいた反応から気づいたのは、セスキ炭酸ソーダが意外と認知されていないところ。
そうか、セスキたんは俺だけの嫁だったのか( *´艸`)
…ちゃうねん、ホントはもっとセスキたんができる子って知られてほしいねん。
 
今日はセスキたんをおススメする記事を書きます!

 

セスキ炭酸ソーダとは

アルカリ性の粉末で、石鹸などの界面活性剤を補助する助剤となります。
同じように使われるものにはナチュラルクリーニングでお馴染みの「重曹」、マニアックなところでは「炭酸塩」があります。
アルカリの強さを比較すると「重曹<セスキ炭酸ソーダ<炭酸塩」
セスキは重曹と炭酸塩の中間の性質を持ってます。
とりあえず「重曹のすごいやつ」と思って間違いありません。
 
その名も「アルカリウォッシュ」として発売されています。
アルカリウォッシュ 500g

アルカリウォッシュ 500g

 

最近は大手の100均でも扱ってますよ。

 
得意なのは油汚れとタンパク質の汚れ。
これら酸性の汚れを、アルカリで中和することですっきり落としてくれます。
血液の汚れなんか一発ですから。
使ったら惚れこみますよ~。
 

使用法

セスキはとても水に溶けやすいので、スプレーにして使います。
ちゃんと作る時は1~5%の水溶液になるように計量してください。
 
わたしはスプレーボトルの底が隠れるくらいにセスキを入れて水で溶かすだけの手抜き仕様です。
汚れ落ちが悪いと思ったらセスキを足すので、別に問題ありません( ̄▽ ̄)
 
リビング
 拭き掃除全般に。特に手垢に効きます。
キッチン
 台の汚れを拭き取ったり、五徳のこげを磨いたり、大体なんでも。
 換気扇は濃い目のセスキ溶液に浸けおきすると楽に洗えますよ。
お風呂
    バスタブや床、小物はセスキ一本で行けます。
 プラスチックのバスタブや新品の輝きを取り戻すかも。
 排水溝はちょっと苦手。
 固まったカルキ、カビは専用の洗剤を使ってください。
トイレ
 便座やレバーの皮脂汚れがすっきりします。
 トイレ特有の汚れはアルカリ性なので、他の洗剤も必要。
洗濯
 濃い目に作ったセスキ溶液を襟や袖口にスプレーしてから洗濯します。
 汚れがひどい場合は浸け置きしてください。
 
こんな感じです。
マジ○ク○ンと名の付く洗剤は全部セスキでまかなえるんですよ。 
「これ一つで」というわけにはいきませんが、日常のかなりの範疇をカバーできる性能だと思います!
 

やってはいけないこと

効果が高いので、禁忌も多いです。
 
まずアルミが×。黒ずみます。
白木、畳などもNGです。水濡れ注意のものは避けたほうがいいですね。
傷みやすい天然繊維にも使えないと言われています。
 
個人的にはフローリングもやめておいたほうがいいと思ってます。
使い続けて床がざらっとしてきた感じがするので。
汚れにピンポイントで使うくらいにしてください。
 
あと手荒れするので、長時間素手で触らないよう注意!
 

似てると言われる重曹との違い

 
重曹は水に溶けにくいです。
逆にそれを利用してクレンザーのような使い方ができます。
セスキにおなじ研磨作用はありませんが、アルカリ度が高いので研磨するまでもなく汚れを落とせることが多いです。
掃除・洗濯だけならセスキに軍配があがりますね。
重曹は料理やヘルスケアにも幅広く使えるので、結局両方使ってますけど(*´ω`*)
 
 
 
セスキや重曹って意識高い系扱いを受けることもありますが、本当にハマってる人はズボラーです(断言)
場所ごとに洗剤を揃えるほうがよっぽど意識高いじゃないですか。
わたしはセスキたん一筋で行きますよ!
 
一縷の望みをかけて大掃除に使ってもよし、普段から使って大掃除を楽にするもよし。
セスキたんがみんなの嫁になればいいと思いながら、この記事を書きました\(^o^)/
 
 
 
 
※さっそくアドセンスの審査落とされましたー( ;∀;)
貼り方間違ってコンテンツがない扱いになってたみたいです。
直してみたけど、これで行けるのかな??
広告表示が見にくくてご不便おかけしますm(__)m