読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

心配は乱発シナイホウガイイヨネ!

所感
タイトルはただの誤変換です。
なんか勢いあっていい感じなので、このまま行きます。

f:id:anjo0705:20160108011852j:plain

先日、メサイアコンプレックスが過ぎると人を弱らせてしまうという記事を書きました。
あれはかなり特殊な例ですが、自分の中にも同じような傾向があるのを発見してしまったんです。
 
最近、寒さで臥せる人がけっこう出ています。
休み疲れかもしれません。休み足らずかな。
 
別の部署の人の欠勤は雑談で知ることがほとんどです。
 
わたし「今日○○さん見ないですけど、お休みですか?」
課長さん「あぁ、そうそう。風邪やって」
わたし「あ~、心配ですね~」
 
これをやっちゃうんです。
心配してないわけじゃないですが、単なる愛想というか、会話のリズム感でつけているだけというか。
しらじらしい。多分、全然響いてない;
給湯室の雑談なので、深刻に考えてもしょうがないんですけどね。
 
昔のバイト先に「心配です~」が口癖の女の子がいました。
 
わたしのように、人が休んだら「心配です~」
売り場のマネージャーが渋い顔をしていたら「心配です~」
お客さんの入りが悪くても「心配です~」
 
だんだん、こちらまで心配になってきます。
口癖で、本人も深く考えていないのはわかっていてもです。
言葉の力ってすごく大きいんですね。
自分に向けられてもいないのに、気分がどよ~んってなってました。
 
その子と同じことしてるんです。
わたしが「心配です」と言うのは、無難にその場を収めたい時。
ようは自分をよく見せておきたいんですね。
そのために人がしんどいのを利用するのは、メサコンに通じるメンタリティやなって思いました。
 
そんな底の浅いたくらみなんて、まわりはお見通しでしょうし。
逆に薄っぺらい印象になってもしょうがない。
 
あれだけメサコンの危険性を訴えておいて自分がこれとかあきません。
反省します。
心配するくらいなら動けばいい。
不言実行がいいですね!
 
これから人の欠勤を聞いたらどう答えましょうか。
「いいな~」とか「ずるい!」しか候補があげられません(;'∀')