読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

現代のメイドさん「家事代行業」を説明します

知的メイドシリーズ
こんにちは。キャラ作りのため知的メイドと名乗ることにしたあんじょうです。
 
さっそくですが、気づいてしまいました。
メイドメイドと言うわりに、メイドのなんたるかを説明してなかったんですよね。
このままじゃ痴(呆)的になってしまう。
 
メイドやってましたーと言うと「メイド喫茶?!萌え~?」と言われてしまう現代ニッポン。
 
「知的メイドシリーズ」を始めるにあたって、とりあえず、まず。
わたしの携わっていたメイドのお仕事「家事代行業」について説明しようと思います。
 

目次

 

家事代行業ってそもそもなに?

富裕層の特権と思われていた家政婦を一般家庭にも使いやすくしたサービスです。
住み込みやフルタイムではなく、数時間単位からメイドさんを派遣する会社があるんです。
ダスキンのメリーメイドが有名ですね。
大手なのでお値段は高め。
地域密着型の会社ならかなり安くなって、一時間3000円くらいから雇えるところもありますよ。
 

なにをしてくれるの?

時間が限られているので、主にお客さんがやりたがらない用事を任されます。
掃除や洗濯、お片付けなど。
優雅にお茶をお出しするような仕事はほとんどありません。
 
できる作業は会社によって違います。
上記のメリーメイドはほぼ掃除特化ですね。
料理や子供のお守りのサービスはありません。
作業もあらかじめ決められた部分以外は、会社の許可が出ないとできないようでした。
融通が利かないと、わたしの会社と併用するお客さんもけっこういましたよ。
 
メリーさん、掃除に関してはホント鍛えられてるんですけどね。
サービスがかち合うことが多かったので、いつも参考にさせてもらってました。
 
わたしの会社はスタッフの裁量にまかせっきりだったので、お客さんにしては扱いやすかったようです。
その変わりスタッフの質や相性によって満足度が左右されるというアバウトなサービスでした( ̄▽ ̄)
 

ハウスクリーニング業との違いは?

換気扇やエアコン、排水溝などを徹底清掃する「ハウスクリーニング」は利用者も多いと思います。

職人さんが専門機材を使ってやってくれるあれです。

一か所数万円~でけっこう値が張りますよね。

 

家事代行業で行う掃除はそれとは違い、あくまで「家事」の範疇です。

頼まれればもちろんやりますが、最高でもスーパー主婦のレベルまで。

安いと思って飛びついても職人仕事はやってくれません。

たまにそのレベルの人がいるので勘違いされるけど。

 
完全に住みわけされたサービスなんですよ。

サービスを受けるのはどんな人?

意外と富裕層は少ないです。ほんまもんは自分とこで雇ってるので。
定期的なサービスで入るのは共働きで家の用事に手が回らないお宅が多かったです。
お医者さん夫婦とかすっごい多いですよ。
職場結婚の多い業界だし、基本謀殺されてるんですよね。
 
こう書くと、やっぱり高所得者相手の仕事だと思われてしまいますが、そうでもなくて。
大掃除や引っ越しのお手伝いなど都度払いの仕事もあって、ごく一般的な家庭に入ることも少なくありませんでした。
 
あとは片付けられない人!
主にご家族からの依頼で派遣されます。
うん…なんか…価値観変わったよ…。
またなんかの折に書きます(´Д`)
 
誰にでも必要というわけではありませんが、お金で余裕を買う発想の方にはおススメできるサービスだと思ってます。
 

で結局、家事代行のメイドさんってどんな人がくるの?

たぶんみなさんここが一番気になってると思います。
 
おばちゃんです。
 
わたしは二十代の時にやっていたので、全員とはいいませんが
 
9割おばちゃんです。
 
夢が壊れましたか?
家事代行のメイドさんは主婦の副業がほとんどなんです。
必然的に子供の手が離れた世代が多くなります。
 
頼めば「萌え萌えきゅん♪」してくれるノリのいい人もいると思いますよ。
わたしは「承知しました」ならよくやってました。
 
若くてかわいいメイドさんを求めてそうな人ほど、強烈なおばちゃんを派遣されます。
会社側も間違いが起こらないようにお客さんを見てるんですよ。
おイタはできないシステムです。
 
さらに夢を壊すと、メイド服は着ません。
あんなもん作業の邪魔ですわ。
見たければオタクの街へいってらっしゃいませ~。
 
あぁでも、着てみたくなかったと言えばウソになりますね。
わたしの理想のメイドさん、この人なので。

彼女に憧れて、格闘技習いました。血的!