読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

現代の養生訓「ひと月9000円の快適食生活」を読みました

おススメ
この本が面白かったので紹介します!
ひと月9000円の快適食生活 文庫版

ひと月9000円の快適食生活 文庫版

 

著者は食文化研究家の魚柄仁之助さん。
(昨日も別の仁之助さんの本を紹介した気がする)
わたしは何冊か著作を読んだことがあります。

 
いつも手軽で安価、かつ安全な手作りのおうちごはんを提案されていて、すごくためになるんです。
処女作の「うおかつ流台所リストラ術」の気合には圧倒されました。
すごく読みにくいですけどね!
内容が難しいわけではなく、文章がくどい(;'∀')
オヤジギャグと思想と食の情報が3:3:4くらいなんです。きつい。
 
「ひと月9000円の快適食生活」は助長な文章は控えめで読みやすいのでおススメです。
 
現代の食生活では不足しがちな野菜、海産物の効率的な取り方
無理なく減塩、減油、減糖するテクニック
調理時間を短縮する段取り術などなど
 
これまでの著書で繰り返し書かれた内容が、見開き1ページ分程度のトピックにまとめられています。
レシピ本というわけではなく、食生活の指南書といった感じですね。
置いている場所も健康本コーナーでした。
 
手抜きして目次の一部をあげてみる。

f:id:anjo0705:20160114233009j:plain

f:id:anjo0705:20160114233010j:plain

f:id:anjo0705:20160114233011j:plain

魚柄さんも常に楽することを考えてるって言ってたので、真似しました!
 
こんな感じのちまちましたネタが170個。
どれも簡単(そうに見える)ものばかりです。
 
わたしは定番の「菜飯」が好きで、大根葉がある時はつい作ってしまいます。
作ると言っても、刻んだ大根葉を塩もみして、ご飯の炊きあがった炊飯器に放り込んで蒸らし、混ぜるだけ。
それでいて、市販の混ぜご飯の素より明らかに美味しいんですよね。
大根葉なんて大根のおまけに残されているようなもんなので、ある意味安価ですし。
 
このレベルの調理法ばっかりなんです。
手作りの方が簡単で、安くて、美味しいんだなと本気で思えてしまいます。
 
毎日かつおぶしを引くなど、一般人の生活では取り入れにくい内容もありますが
気に入った部分を試すだけでも、楽しく食生活が改善できると思いますよ。
ラーメンのスープを半分にすると減塩になるとかなら、すぐ実行できそうですよね。
 
こういった、誰かの工夫をシェアしてもらえる本が大好きです。
近いタイプの食生活改善本でこれも好き。
養生サバイバル 温かい食事だけが人生を変えることができる

養生サバイバル 温かい食事だけが人生を変えることができる

 

 こちらは料理しない人向け。
なんと「とりあえずお湯をわかそうぜ」から始まります。

 
両作とも、あほみたいに簡単なことで健康的な食生活が送れるんだと教えてくれる良書です。
食とはこうあるべし!みたいな呪縛がとけると気持ちがラクですよ。
写真映えする色とりどりのご飯じゃなくても、気にしない。
茶色美味しい(*´ω`*)