読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

自慢話に「うれしいね~♪」で切り返すおばちゃんがかっこよすぎた

おススメ

f:id:anjo0705:20160125231135j:plain

近場のドトールがおばちゃんたちのたまり場になってます。
安さでいうと隣にマクドナルドがあるのですが、その店舗はカウンター席ばかりなので長居しにくいみたいですね。
200円そこそのコーヒーで粘る姿は大阪のおばちゃんの誉れ…なのかなぁ。
自分もだらだら記事書いてたりするので、人のこと言えないんですけど。
 
この前、時間の調整でそのドトールにいたのですが、隣の席のおばちゃん軍団の話がとてもおもしろかったんです。
60代くらいの4人組。
女子高生みたいにきゃっきゃした感じで、久しぶりに会って盛り上がってるんだろうなと思いました。
 
それが途中から風向きが変わってきたんです。
ボスっぽいおばちゃんが一人、えんえん自慢話をはじめました。
旅行でヨーロッパ回ってきたとか、議員の誰々さんと食事したとか。
しかもやったことの羅列ばかり。
その人自身の感想が一つでもあればおもしろいネタになりそうなものですけどね。
 
横から聞いていても「Facebookでどぞー」と毒づきたくなりました(*´ー`*)
 
おばちゃんたちはさらにしんどかったようで、だんだん口数も少なくなり…
その時、一番年上っぽいおばちゃんが一言。
「それはうれしいね~♪」って!
 
自慢おばちゃん、虚をつかれたのか「え…、あ、うん、うれしい…」としどろもどろになってました。
 
自慢する時って「すご~い!」って言ってほしいですもんね。
聞かされたほうだって愛想でそう返すものです。
まさか「うれしいね~♪」と言われるとは思わなかったんでしょう。
 
その後は自然と話題が変わって、きゃっきゃした空気が戻ってました。
姐さんすごい!
 
人のよさそうなおばちゃんだったので、天然か計算づくかわかりません。
全肯定して調子に乗らせるのでもなく、否定して空気を悪くするでもなく。
「うれしいね」は相手の気持ちだけを受け入れて、その上で自分には関係ないとスルーしてしまう上級テクニックなんですね。
 
でもこれ、使いこなすのは難しいかもしれないです。
普段のキャラによってはイヤミと思われるかもしれない。
人畜無害で通ってる人がやれば効果てきめんな気がします。
我こそはという猛者がいらっしゃれば、ぜひお試しください~!