読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

【シンガポール旅行記】シンガポール人はセイロに食パンを入れる(;゚Д゚)

旅行
「ヤクーン・カヤトースト」という、有名チェーン店で朝ごはんを食べました。

f:id:anjo0705:20160512000150j:image

ヤクーンを漢字で書くと異様にかっこいい!
 
カヤトーストとは、カヤジャムというココナッツミルクを使ったカスタードクリームとバターを塗った…挟んだ、シンガポール風のトーストです。

f:id:anjo0705:20160512000136j:image

一見サンドイッチに見えますが

f:id:anjo0705:20160512000207j:image

開くと固まりのバター;きっとカロリーのお化けです。
 
わたしはココナッツミルクが大好きなので、日本でもカルディでカヤジャムを買ったりしてたんですよ。
ようやく本場のカヤトーストを食べることができました!
 
ヤクーン・カヤトーストでは温泉卵が二つついてきます。
テーブルに醤油があるので垂らしてみる。
で。

f:id:anjo0705:20160512000158j:image

ディップとして使う!
ぎょっとしますよね。
ローカルの人の食べ方だそうです。
旅行者はまずしないと言われたら、試すしかないじゃないですか。
 
温泉卵をつけない場合。
ココナッツミルクの甘い香りとバターのコクで口の中が幸せ~。
温泉卵をつけた場合。
カヤジャムの甘さ+バターの油分+醤油のしょっぱさ+卵のとろとろ感=中毒性しか感じない!
一瞬ウマー( ゚Д゚)と意識が飛びました。
 
卵つけないで食べてる観光客って人生の半分損してますわ。
現地の人の食べ方が一番美味しいんですね。
 
わたしが頼んだのは一番スタンダードなカヤトーストです。
妹は冒険してスチームトーストというのを選んでました。
これが驚きの見た目。

f:id:anjo0705:20160512000126j:image

セイロに食パンて。
シンガポーリアンあほかと思いました。
よく考えると蒸しパンをセイロで作ったりするので、別におかしくないんですよね。
これも中にカヤジャムとバターが入ってます。

f:id:anjo0705:20160512000143j:image

バターが溶けているので罪悪感は(比較的)少ないかも。
蒸気でべちゃべちゃもしてません。美味しい。
ふわふわもちもちのパンに慣れた日本人には、こちらのほうが好まれそうです。

セットメニューのドリンクでローカルコーヒーも体験できました。

f:id:anjo0705:20160512000215j:image

コーヒーにレンゲが刺さってるし。
シンガポールの定番「コピ」という練乳と砂糖を入れたコーヒーです。
 
練乳」と「砂糖」です。
大事なことなので2回言いました。
ミルクと砂糖じゃないんですよ。
激甘です。
激甘のカヤトーストに激甘のコピ。
シンガポールに糖質制限の発想はありません。
 
わたしはお菓子は甘く、ドリンクは無糖派です。
そのほうがお菓子の甘さが引き立つから。
この時も甘くないコーヒーが欲しかったのですが、止められました。
 
次の日に他の店で、ミルクだけ入れたローカルコーヒーを飲んで、理由がわかりました。
お砂糖入れないと渋くて飲めたもんじゃねえ!
シンガポールにいる間、唯一ギブアップした食べ物になってしまいました。
やっぱりローカルの人の食べ方が正しいんです。
 
どれだけ無理か試してみたい方は「コピシコソン」と言えば出てきます。ぜひ( *´艸`)
 
わたしが連れて行ってもらったのは、「クラークキー・セントラル」というショッピングセンター内の「ヤクーン・ファミリーカフェ」です。

有名どころのショッピングセンターにはたいてい入ってるようです。
与沢さんちにもあるよ。
シンガポールを訪れたら一度は行ってみてください!