読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

【シンガポール旅行記】ラバーソウルのロープウェイは戦える場所じゃなかった!

旅行
※今回はジョジョラーにしかわからないネタです!
 
シンガポールへの旅行が決まって、現地を案内してくれる妹夫婦に行きたい場所を聞かれました。
ラッフルズホテルやセントーサ島と答えると可愛げがあっていいと思うんですが、脊髄反射で答えてしまいました。
「あそこあそこ、ラバーソウルのロープウェイ!」
「まじすかwww」
今まで二人が案内してきた中に、そこを第一希望にあげる変人はいなかったようです。
 
ジョジョラーにとってシンガポールといえば、呪いのデーボとラバソじゃないですか!
聖地巡礼したいに決まってます。
妹夫婦もジョジョラーなので二つ返事でOKくれました。
現地住まいには行く用事がないようで、彼らも初めてだったんです。
 
戦いの場は、本土のマウント・フェイバーとリゾートアイランド・セントーサ島を結ぶケーブルカー「マウント・フェイバー・ライン」

f:id:anjo0705:20160515011004j:image

ここが本土側の入口。

f:id:anjo0705:20160515011033j:image

なかなかそれっぽいですね~。
ここでは黒いケーブルカー。

f:id:anjo0705:20160515010956j:image

中は思ったより狭いなあ。
漫画では、でかい男二人が戦えるように脚色されてたんでしょうね。

f:id:anjo0705:20160515011048j:image

では、行ってきま~す。

f:id:anjo0705:20160515010948j:image

さっそく高い;
高所恐怖症なので、カメラを通さないと下が見れません。

f:id:anjo0705:20160515011056j:image

港が見えます。
貿易の中継地として栄えている国なので、リゾートの回りも大型船でいっぱいです。
ちょっと先に進むと、ほら。

f:id:anjo0705:20160515011012j:image

ロープウェイから飛び降りた先の船着き場っぽいとこ発見!
ここでオラオラしたんかーとジョジョラー三人のテンションがMAXになりました。
 
承太郎よく飛び降りたなー、かっけー。
むしろラバソなんでこんなとこで戦おうと思ったんやろなー、アホすぎるやろー。
 
ぎゃいぎゃい騒ぎながらセントーサ島へ。
グループごとに乗せてもらえるので、羽目をはずしても大丈夫なんです!!

f:id:anjo0705:20160515011040j:image

世界最大の水族館が見えました。
シンガポールは一年経てば新しい施設がばんばん出来るそうなので、承太郎の見た風景とはかなり違うんでしょうね。

f:id:anjo0705:20160515011017j:image

ココナッツジュースのスタンドやカブトムシの木がありそうな場所。

f:id:anjo0705:20160515011025j:image

島内を移動するケーブルカーはアニメと一緒の配色で飛び移りたくなりました。
 
降りた先は大きい方のマーライオンことマーライオンパークの目と鼻の先でした。
写真とるの忘れてます。高いところ怖かったので気が抜けた;;
連結部分ですら揺れない、安心感のあるロープウェイだったんですけどね。
だからって戦える場所じゃないですよ!
わたしなら冷蔵庫で待ちます(;゜∇゜)