読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

【シンガポール旅行記】チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートはお土産天国

旅行

シンガポールのガイドブックには必ず載っている3つの観光エリア。

 

「チャイナタウン」
「リトルインディア」
「アラブストリート」

 

一つの国の中に異国の空気を楽しめるエリアが3つもあるんですよ。
現地に行くのは治安がちょっと不安なら、シンガポールで楽しむのが正解かも??
どこも物価が安めでお土産を探すには最適です!

 

チャイナタウン

f:id:anjo0705:20160522182329j:image

チャイナタウンなら日本にも、いや世界中にありますけど;
治安がよろしくないところもあるそうですが、シンガポールは安全な観光地でした。

f:id:anjo0705:20160522182303j:image

足を踏み入れるとすぐこの光景。提灯がきれいです。
シンガポールの街並みは全体的に見るとアジアっぽさがないので、余計エキゾチックに思えました。

f:id:anjo0705:20160522182215j:image

怪しいお茶?漢方薬?のお店。興味あるけど買わないよ。

f:id:anjo0705:20160522182134j:image

屋台街。数年前にきれいにしたそうです。

f:id:anjo0705:20160522182256j:image

何が何でも点心が食べたかったので、肉まんとエビ焼売を買いました。間違いない味。

f:id:anjo0705:20160522182150j:image

地震のない国ならではのこんな建物がありました。
何かあったらぽっきり行きそうで近寄りたくない(´Д`)
といいながら、下にあるショッピングセンターに入ってみる。

f:id:anjo0705:20160522182142j:image

ここはけっこう庶民的。

f:id:anjo0705:20160522182239j:image

こんな美容の店が何件もあります。
オープンスペースで何をしているのかというと…アートメイクらしいんです;
覗いていると満面の笑みで勧誘してくるので怖い怖い。
ネイルもやってくれるみたいなんですけどね。
その二つが一緒くたになってるのが怖いわ~。
 
他には旅行会社とマッサージ店が多かったです。
疲れていたので足のマッサージだけお願いしてみました。
40分20ドルくらいで、日本と相場は近いです。
 
おもしろかったのが、フリーのマッサージ師さんが多いこと。
お店専属の人は数人で、あとはお客さんの人数に合わせてどこからともなく現れるんです。
わたしの担当さんも、マッサージ中に次のお店から呼び出しの電話を受けてました。
仕事用のスポーツバッグを肩にかけて颯爽と店を去る姿がプロっぽくてかっこよかった!
 
お礼は「謝謝」でOKです。
チャイナタウン内では英語を聞かなかったような(;´∀`)

リトルインディア

f:id:anjo0705:20160522182125j:image

インドっぽさを全面には押し出さない街並みです。
それらしい場所もありますけどね。

f:id:anjo0705:20160522182158j:image

こちらはヒンズー教の寺院です。すてき。
 
ここのメインは「ムスタファ・センター」という超大型ショッピングセンターです。
どこからどこか敷地なのかわからないくらい大きくて、写真をとりそびれました。
その場では「なにこれ問屋さん?」と思ってました。
大きな荷物は入り口で預けなければいけません。やっぱり問屋さんや。
内部の写真。

f:id:anjo0705:20160522182321j:image

 

f:id:anjo0705:20160522182207j:image

 

f:id:anjo0705:20160522182248j:image

大量の商品に圧倒されるしかありません。
控えめに言ってドンキとコストコとコーナンとしまむらとヨドバシを足して100を掛けた感じ。
しかも値段が数ドルのものばかりで買いやすいんです!
ばらまき土産を買うだけと思っていたのに、物欲が壊れて散財しまくりました。
 
シンガポールで一番楽しかったのが実はこのムスタファ・センターです。
女性は一日使って楽しめると思います。
欲を言えば二回行きたかったです。
一度目は写真を撮りながら商品に目星をつけ、二回目でお買い上げの計画がいいと思います。
大量に買うことにので、荷物が重くなるんです。写真撮れない。
男性受けは悪いそうなので、荷物持ちが気の毒なんですよね(;´Д`)
 
 

アラブストリート

f:id:anjo0705:20160522182231j:image

行く前に「アラブストリート」と言っても店の経営者はインド系ばっかりと聞きました。あとで聞きたかった!
エリアの入口すぐに「スルタン・モスク」があります。

f:id:anjo0705:20160522182223j:image

これで一気にアラブ感。
観光客も入れます。
宗教施設なので露出してる人はイスラム風の羽織り物を貸してもらえます。
ある意味タダでコスプレさせてもらえるんですよ。
モスクの中で写真撮ってる人いっぱいいました。
わたしはロングスカートとリネンシャツだったのでスルーされた…
行く方は露出必須です!
男性はすね毛、女性はデコルテを見せればOKらしいです。アウトだけど。
 
ここでの目的はムスリム用の香水専門店「ジャーマル・カズラ・アロマティック」でした。

f:id:anjo0705:20160522182107j:image

どのガイドブックにも載ってる超有名店です。
というか、日本人にターゲットを絞ったお店でした。
日本語を話せるスタッフが常駐してます。
エジプト製の一点ものの香水瓶、買っちゃいました。

f:id:anjo0705:20160522182117j:image

12ドルですよ。プチプラの範疇ですよね。安すぎない??
 
香水はイスラム教の教義に従ったアルコールフリーのものです。
ブレンドもしてもらえるのですが、嗅ぎすぎて鼻がバカになっていたので、色気を出さずに一番気に入ったのを買いました。
香水瓶買ったらおまけで香水のサンプルもらえましたよ。ぐへへ、大事に使おう。
 
奥に行くと「ハジ・レーン」と呼ばれるエリアがあります。

f:id:anjo0705:20160522182335j:image

出店料が安く、若手デザイナーが集まってきたおしゃれスポットです。
駐在日本人の間ではシンガポールの裏原と呼ばれているとか。
わたしの行動範囲内だと大阪の中崎町や神戸の栄町が近いんだろうな。

f:id:anjo0705:20160522182343j:image

壁画が名物。
 
アラブストリートは日本人観光客に一番ウケのいい場所だそうです。
わたしもムスタファ・センターと同率一位で大好きです!
布製品やアクセサリーもデザインがよくて安いので、自分土産を買うのに最高の場所だと思いました。
綿100%のちゃんとしたパシュミナが特価で5ドルって言われたら、買うしかないやん??
物欲ぶっこわれ注意ですよ~。
 
シンガポールは物価が高いイメージばかり先行していますが、観光だけなら「日本と同じくらい。ものによっては安い」と思って大丈夫です。
ブランドものは高いので日本で買いましょう( ̄▽ ̄)