読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

自虐ネタはめんどくさいからやめたやめた

所感
以前、職場に勤めていた女性とLINEでやりとりしていた時のこと。
彼女の現在の職場は女性スタッフが多く、入れ替わりが激しいと話していました。
来月も3人入社してくるそうです。
わたしは近況報告をかねて「うちは今月2人やめますわー」って返しました。
 
返ってきた言葉が「え、二人も。(会社の名前)大丈夫なんですかね…」
なんかめっちゃ深刻にとらえられた;
ふざけた絵文字つけてたんだけどなあ。
実力不足で自虐が伝わりませんでした。
 
退職する人員の後任は次々入ってきています。
歓送迎ラッシュでお財布ぺらぺらですよー!
 
ヘタに自虐しちゃうと、ネガティブな面ばかり気にされちゃうんですね。
めんどいからやーめた(;´Д`)
 
前にも同じようなことがあったのを思い出しました。
部署にものすっごく字の下手な男子がいたんです。
控えめに言って、糸くずをくしゃくしゃに丸めた様子を元にした象形文字。
メモをもらっても解読不能で内線で聞き返すレベルです。
他が優秀なので、愛嬌として格好のネタになってました。
 
その日も、伝言メモが読めなくて苦心して、ランチの時に愚痴ってました。
「平安時代だったら奥さんの来手がないよね~」などと、本人がいないから散々です。
さすがにいじりすぎたと思って「まあわたしよりちょっと下手なだけやけど」とフォローしてみました。
わたしの字が汚いのは職場でバレてるのでいけると思って。
恥ずかしながら、がんばれば他人が読める字を書けるかもって程度なんです。
「そんなことないよー」「いやいやホントにー」とテンプレを経て話が流れると思うじゃないですか。
 
「気にすることないさー」と言われたらどう返していいものか。
さらに「今はパソコンあるから大丈夫やし、ペン習字とかもあるやん」とアドバイスまでくれるんです。
いい人やー、めちゃくちゃいい人やー( ;∀;)
 
でもわたしホントに気にしてないねん!
気にしてたら自虐なんてできませんって。
いい人やけどめんどくさい~。
 
そもそも自虐ネタって適切な合いの手があって初めて成立するもんなんですよね。
仕掛けた時点で相手にも負担がかかってしまいます。
気づかいのつもりで使うならまったくの見当違いですね。
素人には荷が重いので、プロの芸人さんに任せましょう!
 
決意のために自慢しときます。
今日はアイスを3つ食べました(*´ω`*)