読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

伽椰子さんが好きです。でも貞子さんはもーっと好きです♪

おススメ

映画「貞子vs伽椰子」特別映像

昨日ついに、映画「貞子vs伽椰子」が公開されましたね。
日本の誇る二大ホラーヒロインの対決です!
この日をずーっと待ってました。さっそく観てきましたよ~。
デーモン閣下の主題歌が頭に流れ続けてます。あー、楽しかった(*´ω`*)
 
本家「リング」&「呪怨」シリーズのような怖さはなかったですよ。
二人のバックボーンの説明がないので陰鬱な空気にならないんですよね。
純粋に都市伝説のクリーチャーとして扱われてます。
出てくるタイミングに慣れ切ったファンならむしろわくわくします!
犠牲者の殺され方もソフトで、グロいのが無理な人でも問題なさそうでした。
 
かといってばりばりのコミックホラーというわけでもなく。
そして影の主役・佐津川愛美さんの静かな狂気の演技が恐怖を盛り上げて、意外と真面目なホラー映画になってました。
安藤政信さんはね、んっとね、シキシマ隊長と対決してほしい子でしたね、うん。役者さんじゃなくキャラがね。でもイケメン(フォロー全力)
 
基本的にはファン向けのお祭り映画です。
ラストへ向けてのテンションのあがりっぷりは最高にたぎりました~!
もう二人とも大好きヽ(*´∀`*)ノ
 

貞子ちゃんの好きなとこ!

ちょろっとスクロールして見てあげて!
普段はノリがよくてかわいらしい女の子です。
 
かわいいのはSNSのキャラだけじゃないんですよ。
上映されるシアターの付近で、きれいな髪の女の子の後ろ姿を見かけたんです。
うわー、こんなかわいいお嬢さんもホラー見るんだなー、さだかや人気すげーと思いました。
それがなんと貞子ちゃんでした!
公開初日のファンサービスで伽椰子姉さんと一緒に写真撮影会やってたんです。

f:id:anjo0705:20160619155708j:image

映画ではハードなバトルも見せてくれましたが、リアルでは楚々として頼りなげな風情。
こ れ は モテる。匂い嗅ぎたいよね!
甲本雅裕さん演じる大学教授も、貞子ちゃんと会うために喜々としてビデオを観たりお祓いを断ったりしますが、その気持ちすごくよくわかります。
というかあれは標準的なファンですね。
 
今回の映画では邪気眼目力で呪うシーンは少なく、主に手入れの行き届いた黒髪で戦ってました。
あー、知ってる知ってる、ラブ・デラックス。…いつの間にスタンド能力に目覚めたのでしょうか。
さらに手のつけられない存在になっていきますね。
自殺を止めにくる優しさも発揮して、女子力にも歯止めがかかりません。
出てくるたびに「か~わ~い~い(///▽///)」ってなりました!
 

伽椰子姉さんの好きなとこ!

f:id:anjo0705:20160619155712j:image

こちらも撮影会での姿。素敵な手染めのワンピースですね。おしゃれ!
わたしは「呪怨」シリーズってビデオ版しか見てないんですが、伽椰子姉さんの印象は人を驚かすのが大好きなおちゃめさんって感じでした。
お股の間からこんにちわ♪なんて、どれだけサービス精神旺盛なのって思ってたら。
やっぱりおちゃめさんで合ってたw
 
お家に人を招くことが大好きなオープンな奥様なんですよね。
この辺、自分から興味を持ってビデオを見てくれた人しか呪わない貞子ちゃんと好対照でした。
お料理も得意みたい。姉さんサラミが作れるんですよ。かなりの上級者ですよね?
さらにいじめっ子をこらしめる正義感も見せられては、すてきな奥様としか言うしかありません。
 
実は今回の映画では、活躍が少なめです。
佐伯家のおもてなしはトッシーこと息子の俊雄君ががんばってました。
伽椰子姉さんの持ち場はほぼ例の階段のみ。
これってトッシーの成長を促す母の愛だと思うんです。
その証拠に、強敵(とも)貞子ちゃんとのバトルには出来るだけ関わらせないようにしてました。
かーちゃん、かっこいいよう( ;∀;)
 
気になるさだかやの対決ですが完全に互角。
攻撃力はラブ・デラックスを駆使する貞子ちゃんが圧倒的に上回ってました。
伽椰子姉さんは防戦もままならず…ですが、ダメージを受けてもどうということはないようで。
怨霊キャットファイトの行方がどうなるかはネタバレなので伏せときます(今更)
本音をいうともっと二人の対決が見たかった!
公開前から行われていた総選恐では貞子ちゃんが勝ったみたいですね。
もはやどっちも好きなので勝敗はどっちでもいいや。
 
今度は「貞子&伽椰子VSコナン&金田一」の対決が見たい\(^o^)/