読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

アリスインワンダーランドを観て3D映画は3Dで観たほうがいいと思いました

所感

アリス・イン・ワンダーランド / 時間の旅  オリジナル・サウンドトラック

遅ればせながら「アリスインワンダーランド~時間の旅~」を観てきました。
前作は「不思議の国のアリス」原作を下敷きにして大幅な改変が行われていましたが、今回はさらにそれが加速。
アリスの世界を著作権フリー素材としてあつかった、ほぼオリジナル作品でした。
 
前作観てなくても大丈夫!
原作知ら…ない人はあんまりいないでしょうけど。
 
主人公のミラ・ワシコウスカがヒロインのジョニー・デップを救うため、過去に飛んで大冒険を繰り広げる映画です。
ヒロインがジョニデで間違いありません。
 
ストーリーはハリウッドテンプレートなので、まあおもしろかったです。
続編だしこんなもんでしょ感(。>д<)
 
素敵だったのは新キャラのタイムさんですね!
時間そのものを擬人化したキーキャラクターで、見た目が完全にラスボスです。
でもお茶目で、懐が深くて、敵とも味方ともつかない立ち位置が、あんまり見ない感じ。
 
「過去は変えることは出来ない。学ぶことはできる」という作品のテーマを繰り返し教えてくれるキャラクターでした。
完全にタイムさん陣営に肩入れして観てましたわー好きー(*´ω`*)
 
白の女王の食わせ者感が大幅にアップしてるのも見所です。
 
映画としてはそれほど好みではありませんでしたが、ゲームやアトラクションとしてなら遊んでみたいシーンがいっぱいでした。
時計の針に飛び移りながらタイムさんの城へ乗り込むシーンなんて、いくつのゲームで苦労してきたことか!
 
これ、3Dだったらさぞや迫力あったんだろうなと思いました。
3Dって目が浮く感じが苦手で、ただの字幕版で観てたんですよ。
今回はもったいなかったかも。
 
3D主体の映画は素直に3Dで観たほうがいいんですねえ(´・ω・`)
 
うーん、出来れば視角効果より役者さんの演技でリアリティーが感じられるほうが好みなんだけど…
演技中の感情をトレースして鑑賞者に再現する技術、いつかは開発されてほしいです!