読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題だけど、問題ないブログ

いつもご機嫌、意地でもご機嫌。機嫌さえよければ当面問題ないんです。知らんけど。

赤十字から依頼を受けた。献血の。

所感
仕事じゃありません。
もちろん寄付でもない。
血ぃちょうだいって言われました!
 
赤十字には「複数回献血クラブ」という組織があって、年に数回の献血を推進しています。
一度でも献血をしたことのある人なら登録できるので、わたしもいつの間にか会員だったみたいです。
よく行く献血ルームで言われるがままに登録したっぽい。
 
無料で血液検査の結果や履歴がいつでも見られるので、登録して損はないと思いますよ。
後は時々、献血ルーム主催のイベントのお知らせがメールで届くくらいですね。
ヨガレッスンとか落語会とか。
抽選落ちてばっかですが。
 
登録の時、スタッフさんに「もし血液が適合する方が手術をする場合、献血を依頼することがあるかもしれません」と聞かされていました。
聞き流しだったし、これまでそんな連絡もなかったのですっかり忘れていたんですが。
 
なんと今日、日本赤十字さんから電話がかかってきました!
お昼休みに知らない番号から電話がかかってきて、放置してもなかなか切れないんです。
間違い電話なら教えたほうがいいかなと思って取ると「突然申し訳ありません、日本赤十字の○○と申します」って。
 
一瞬、なんか悪いことしちゃったかと焦りました(;゜∇゜)
びびるからメールで連絡してくれよ~。
 
でも内容を聞くと、かなり差し迫ったお話しでした。
来週の月曜日に手術をする人がいて、白血球の型が合う人の協力が必要。
必要な成分は採血してから4日しかもたないので、数日以内に献血ルームに来れませんか?ということでした。
 
そんなん言われたら行くに決まってます。
週末は空いてたのでちょうどよかったし。
 
快く了解すると、予防接種や海外旅行の有無を確認されました。
普通に献血に行った時と同じです。
行ってから、実は献血できない期間と判明しても困りますもんね。
 
献血ルームと日時はこちらが指定できましたよ。
やったね、待ち時間なしだー。
献血行くのに何が問題かというと、混み具合で時間が読めないことですから。
指定ができれば小一時間の拘束とわかるので、後の予定がたてやすいです。
さすがに優遇されますね。
 
初めてのことなのでドキドキです。
受付で「依頼されました」って言わないといけないんですって( 〃▽〃)
まだ行ってないのにいいことしてる気分になります!
 
普通に献血してるだけだと、実際に自分の血液が医療に使われるという感覚が持ちにくかったです。
確実に利用してもらえるとわかるのは嬉しいものですね。
 
今日からめっちゃヒジキ食べるで(`・ω・´)